トップページ > 女性の薄毛の基礎 > 薄毛と女性ホルモン

スポンサードリンク

薄毛と女性ホルモン

女性ホルモンと薄毛の関係

女性ホルモンの働きで女性はハゲにはなりにくいと言われてきました。
しかし近年、女性の薄毛が増加しています。

女性の薄毛で一番多いのはびまん性脱毛と呼ばれる薄毛です。

薄毛パターンは、男性と異なり頭頂部を中心に薄くなるのが特徴です。

薄毛原因も発症メカニズムもよく分からず、50歳以上に多く見られることから頭皮の老化、女性ホルモンの減少、頭皮の血流障害などが関与していると考えられています。


女性薄毛ホルモン
女性ホルモンは、卵巣で合成されるホルモンで、卵胞ホルモン(エストロジェン)、黄体ホルモン(プロジェステロン)です。
いずれもコレステロールをもとに作られるステロイドホルモンです。

女性の薄毛の原因も複雑多岐にわたっています

効果がなく悪化している女性の薄毛や抜け毛の多くは、育毛の方向を間違えているためです。

スポンサードリンク